ETHNEO
今すぐ始める方は
こちらから

※紹介コードがない方はお問い合わせから
ご連絡ください

新規登録

全仮想通貨中最も期待されている
イーサリアム
大型アップデートETH2.0目前!
ETHを効率よく増やす
「ステーキング」をあなたに。

ETHNEOでは、これまで一部のマニアやブロックチェーンエンジニアにしか開かれていなかった正しく安全な仮想通貨投資を広める事を1つの目的としています。

仮想通貨は怪しい・危ないというイメージを持たれていた時期もありますが、今や仮想通貨は 1番有名なBTCで最高値600万円、2番目のETHで40万円以上と世界中から投資が集まり、株式などの金融商品や不動産以上に期待値のある資産として見る向きも出てきました。

仮想通貨の世界ではBTCがデジタルダイヤモンドだとすればETHはデジタルオイルです。
今は2番目に甘んじているETHですが、ETHは石油のように様々な業種・製品(プロダクト)の原動力になり得、BTC以上に大きな可能性を秘めているからこそ、BTC含めた他の仮想通貨が下落しているときですら価格を大きく伸ばすことがあります。

さらにETHは現在「ETH2.0」と呼ばれる大型アップデートの途上にあり、これが完了すれば業界において最も大きなニュースになります。 ETH2.0によって「Defi(分散型金融)」と呼ばれる新しい金融モデルの確立は大きく前進します。
働いて得た賃金を銀行に預けたり、NISAを通じて株式を購入したり……といった我々の経済・金融的行動も新しい金融モデルにより今後大きく変わっていく可能性もあります。 ETHNEOでは、このように大きな可能性を秘めたイーサリアムを保有し、効果的に増やしていく「ステーキング」というサービスを提供します。

ETHNEOが提供する
3つの価値

厳重に管理
ブロックチェーンエンジニアが厳重に管理するサーバーでのステーキングプラン (年利5-8%ペースでETHを増やしていくことができる)
中長期で安全保管
一層の値上がりが期待できるETHを中長期で安全保管できる。
ガバナンストークンを獲得
ETH2.0に対応した世界初Defiのガバナンストークンをあわせて獲得できる。

ステーキングとは何か

現在、ETHは、スケーラビリティ問題(仮想通貨の取引が拡大すればその分認証が遅れ着金スピードが遅くなる問題)を解決するためにその仕組み自体を大きく変えようとしています。 具体的には従来のように電気代のかかるコンピュータを多数設置して認証にあたらせるPOW方式からコインをサーバーに預けるPOS方式で、これはすでに導入されていて、「ステーキング」と呼ばれています。 ETHNEOでは弊社所有のステーキング済みのサーバーをお客様に区分販売することで、ステーキング元本に対して年利5-8%、ETHを増やしていくことができます。 ※年利報酬の分はETHNEO専用WEBアプリに毎日1日分の分量が配布されます。

ステーキングをETHNEOに
委託する意義

個人がこのステーキングを単独で行うことも可能ですが、以下のリスクがあります。

  1. 完全に個人で開始する場合、最低でも32ETH(約640万円)からでないとステーキングできない
  2. 海外取引所のサービスを利用する場合、引出可能期間までその取引所が健全に生き残っている保証がない
  3. 分散型サービスを利用する場合、Metamaskなどを使いこなして自分で送受信管理する必要がある
  4. 全ての場合において、管理力がないとペナルティや送受信事故などで枚数が減る恐れもある

しかし、ETHNEO運営企業のROKESのブロックチェーンエンジニアが管理するステーキングサーバーを使用したステーキングプランを購入する(=ETHNEOに委託する)ことで、上記の問題は解決できます。

イーサリアムのガチホこそが
最良の仮想通貨投資

ある仮想通貨を長期(単年―複数年単位)で保有することを業界のスラングで「ガチホ」と言います。
仮想通貨が世に産み落とされて以降の歴史を振り返ると、最も大きく利益を上げたユーザーは短期で売買を繰り返す(=特定の仮想通貨を安いときに買い、高いときに売るを短期で繰り返す)ことではなく、この「ガチホ」でした。

つまり、どんな一時的な値下がりにも動じず、確かなコインへの確かな技術的知識をもって、数年単位のホールドを続けていくという事こそが大切なのですが、 我々は人間なので短期の値動きへの一喜一憂、狼狽、焦燥もあり、手元の取引所やウォレットにコインを預けていてはなかなか「ガチホ」に徹することができません。

1

1.フェーズ0
(2020年内)

新しいブロックチェーンであるBeacon Chainのローンチ、PoS機能のCasper FFGの実装、ただしこの時点ではステーキングしかできず本格的な使用はできない。

2

2.フェーズ1
(2021年内期待)

Shardingの実装、Beacon Chainとそれぞれのシャードを繋ぐためのCross-Linkの実装される。ただしこの時点でアカウントやスマートコントラクトはサポートされず実用状態ではない。

3

3.フェーズ2
(2022年内期待)

フェーズ2でEthereum2.0は実用的な状態になる。
eWASMの実装によりスマートコントラクトが扱えるようになる。この時点をもってコントラクトの開発やDAppsの利用がEthureum2.0上で出来るようになると期待される。

4

4.フェーズ3
(2022年以降)

フェーズ2以降も継続的な改善が行われる。期待されるトピックとして、ライトクライアントの実装、シャード間のトランザクションの効率化、シャードブロックチェーンの効率化など。

ETHNEOのETHステーキングでは、今から想定で2年程度かかるとされるETH2のステージ3に至るまで、ステーキング元本の引き出しができません。 今、イーサはDefi(分散型金融)と呼ばれるサービスで急激に利用されてきており、その実需も非常に伸びてきています。

米国商業銀行最大手・Bank Of America 2021年3月レポート「Bitcoin’s Dirty Little Secrets」 「Defiはビットコイン以上に金融市場に創造的破壊をもたらす可能性がある」 「分散型の技術によって、法定通貨の取引では別々になっている多くの機能がチェーン上で実行されるのはイノベーションだ」 「いずれは旧来型金融に大きな挑戦状を突き付けることになる」

ETH2.0が進むにつれ、これらの実需は高まっていきますが、この間ステーキングをしていれば、いやがおうにもETHをガチホせざるを得ない環境になります。 技術的な裏付けのない、一時だけ値上がりしてその後暴落してしまうコインを購入するくらいなら、今こそETHステーキングに参加して、イーサリアムを「ガチホ」することをおすすめします!

イーサリアムが
もらえるだけではなく
世界初Defiトークンが
もらえる

前項で述べたように、今イーサリアムを使った「〇〇SWAP」という名前のDefi(分散型金融)型の仮想通貨取引所がブームになっています。 これらの取引所はガバナンストークンと呼ばれる基軸トークンを発行していますが、こうした取引所が流行する中でガバナンストークンの価格も高騰しています。

上の表からもDefi銘柄の期待値は十分にご理解いただけると思いますが、ETHNEOでは、ETH2.0に対応した世界初のDefi系取引所(2021年6月オープン予定)のガバナンストークン「OUCHI」をETHNEO参加者に対してエアドロップしています。 1OUCHIは上場前は1ETH(2021年5月時点40万円)の1万分の1と設計されていて日々ETHNEOアプリに配布されるステーキング報酬(ETH)の日本円価と同量分が配布されていきます。 ※ETHNEOでは随時キャンペーンを実施しており、「13倍キャンペーン」中は上記の13倍の量が毎日配布されます。

OUCHIが上場するDefiは
すでに
中堅以上の存在感

Defi系の取引所の価値、利便性はTVL(Total Value Locked)、つまり預かり資産高で決まります。取引高の多い取引所には多くの資金が集まり、そこのガバナンストークンの価格も確実な値上がりを示しています。

今やDefi系取引所はブームで乱立していますが、「勝ち組」とされる取引所は少なくとも1億円のTVLが必要です。
それに対し、OUCHIが上場するDefi系取引所(名称発表前)は、本格オープンとなる2021年6月を前にすでに3億円のTVLに達しています。(2021年5月13日時点)

ETHNEOはETHステーキングの事業ですが、日々のステーキング報酬のみならず「おまけ」以上の価値を持つ「OUCHI」にも大きな期待が持てます。

ETHNEOで期待できる
利益のイメージ

ETHの値上がり
ETH2がフェイズ3に達するのが2年後とし、過去の騰落サイクルを基に2023年時点での価格を1ETH36万円前後と仮定する。
計算を簡易にするため参入時点のETHは20万円とする。
DeFiToken(OUCHI)に価格がつく
ユニスワップと互換性のある分散型取引所のガバナンストークンとして発表されたほぼ全てのコインはIFO価格から10倍以上の価格をキープしている。ETH2ベースの唯一のスワップということでそれ以上の優位性があると考えているが、一旦10倍をベースに仮定する。
DeFiToken(OUCHI)を保有している事によりOUCHI FINANCE全体の手数料収入や 流動性提供による金利を獲得できる。
ETHNEOが拡大すればするほど流動性が高まり、同時に利便性が上がる事によりOUCHI FINANCE自体が拡大していく。それに伴い発生した手数料や金利を獲得していける仕組み。利率が固定ではないため仮定が難しいが、直近の同規模swapでパンケーキスワップを参考にするとIFO時点(稼働初期)のパンケーキを所持していた場合の値上がり以外でのリターンは低めに見積もっておおよそ年利260%。(計算方法にさまざまなパターンがあるため諸説あり)パンケーキスワップと比較してそれ以上の市場規模を見込んでいるが、一旦この数字で試算を建てる。
ETHのステーキングによる枚数増加
年利5~20%と見ているが、基本値を8%、各種ステークサービスに預けた場合の利率を5%として計算。

ETHNEOステーキング
パッケージプランの
購入方法

step1

app.eth2.jpにアクセス、「紹介コード」を入力して下さい。

※紹介コードがないお客様は当サイト下部の「お問い合わせ」からご連絡ください。

step2

「購入ボタン」からプランを選択。

※お支払いは日本円、BTCの両方で可能です。

step3

BTCの場合は弊社側で着金確認後1-2時間後に反映。
銀行の場合は1-2営業日後に反映されます。

※土日、大型連休中はお時間をさらに頂く可能性もあります。

step4

入金が正しくされたかどうかは、アプリ左下の購入ボタンから「購入金額」が 正しく合っているかどうかをご確認ください。

step5

反映後、毎日「資産」の項目にステーキング報酬(ETHUNEO)、OUCHIが配布されて増えていくのでそちらを日々ご確認ください。

※SPはステーキングパワーの略で購入プランの6割(=ステーキング元本)の金額になっております。

step6

報酬として配布されたETHは随時出金が可能です。

※SUMOについては6月のDefi系取引所オープン後、引き出しが可能となります。

料金プラン

運営会社

CEO

Lam Jason

豪国ロイヤルメルボルン工科大学のビジネスマネジメント学科を卒業後、シンガポール国内外の銀行、大手資産調査事務所、法律事務所でキャリアを積み、その後、Principal Strategic Private Limitedを設立し、シンガポール中小企業庁支援の大手仮想通貨取引所のコンサルティングなど、各種のブロックチェーン関連事業に参画しました。​2021年5月、ETH2.0の可能性を確信し、ETHNEOを事業オーナーに就任し、同事業を中国、マレーシア、日本などグローバルに展開することを目指しています。

運営会社
Principal Strategic Private Limited
運営統括責任者
Jason Lam
所在地
6 Raffles Blvd, #03-308 Marina Square, Singapore 039594
電話番号
-
メールアドレス
[email protected]
販売URL
https://eth2.jp
お支払い方法
銀行振り込み, 暗号資産(仮想通貨)

※Principal Strategic社は日本において銀行口座を有していないため、​合同会社ケーエムアイとの「収納代行にかかる専任契約」を締結の上日本円でプラン購入するユーザー向けに別途日本の銀行口座を用意しております

まずは、お問合せください

お問合せ・資料請求

新規登録